冷え性
季節が秋から冬になりました。1か月前からとても寒さを感じています。

 
私は女性で31歳です。女性というのは生理があるし生理の冷えになるともっと辛いです。

 
数日前ようやく生理が終わりましたが、しかしここ最近1週間はとても寒く感じました。

 
生理になると血が流れてしまうため、体に十分な血液が足りずに困っています。

 
寒くて血の巡りも悪くてどうしたらいいかと考えたら生理が終わりましたが、生理のはじめになると、やや下痢気味から始まりお腹を冷やします。

 
尿の方も突然何回も行きたくなり、頻尿も持ち合わせているため、手こずっています。

 
生理になると他の体の部位まで悪くなるから嫌だといつも思いました。しかしながら冷え性はこれだけにおさまりません。

 

冷え性にはつらい気温の寒暖差

防寒
次に気になるときは夜や朝の寒さです。

 
昼間は少し暖かくなるから落ち着くのですが、朝寒いし、夜もだんだん冷えてくるから、体の下半身がとても冷たくなっています。

 
きちんと毎日お風呂も入っていますが効き目がありません。

 
何故かというとお風呂に入ってもきちんと拭いたときはもう温かさがなくなっていて、寒くなっているからです。

 
だから皆が思っているようなお風呂は温かいイメージというふうには繋がらないし、困っています。

 
いつ温かい空気を感じたらいいのか心配したりしていました。

 
いつも思うことは早く春や夏になってほしいことです。

 
そうすれば冷え性の辛さも少し和らぐのではないかと思うからです。

 

暖房を入れても解決にならない冷え性

暖房
暖房を暑いくらいまで入れると少し冷え症が一時的に解消しますが、根本的にはなかなか治らず困り果てています。

 
今年は去年より寒そうで天気予報を見るたびにとても辛い思いをしています。

 
下半身で冷えるところはお尻の辺りと足のつま先です。

 
昔は足湯もやったことがあるけれど、足湯からの病気の感染のことを考えてから入らなくなりました。

 
特に血のめぐりが悪いから、動きたくてもコタツばかりに入ってしまうし、外に出たくなくなります。

 
そうするとさらに血のめぐりが悪くなり、寒くなるたびに不安や体の悪いところをさらに増やしていたりしています。

 
女性の私が思うことはコタツが一番いいです。

 
それは下半身が暖かくなるからです。

 
冷え症の辛さは上半身ではありません。

 
下半身の急激な冷えや気になる感じが嫌だと思っています。

 
冷え症を治したいと思っても毎年かなり暑い夏とかなり寒い冬の温度差が違いすぎて季節に追いつかずにここで弱まってしまうのでなかなかよくなりません。

  

アドバイス

冷え性はそのまま放っておくと慢性的な疲れや、肩こり頭痛など様々な症状を引き起こしてしまいます。
 
今回は、いろいろな悩みを解決に導いてくれるので有名なNHKのためしてガッテンに血管から冷え性を改善するという内容の裏技をご紹介しますので一度チェックしてみてください。

冷え症の原因=血管の老化!?10人に1人!? 脳梗塞を引き起こす“危険な冷え症、血管の若返り”で冷え症を改善!多くの人が悩んでいる冷え症。実は、冷え症の10人に1人が危険な状態にあることが判明しました。冷え症だと血管が硬くなって老化が進み、血圧に異常が起きることがあるのです。そこで医学と運動科学が結集して新しい改善ワザを開発しました。なんと冷えだけでなく、血管まで若返らせてしまう驚きの新ワザです!

  

東洋医学の漢方を服用して冷え性を改善する方法もあります。
 
漢方は味が苦いことや、服用する量が多い事などからあまり好まれていないこともあるようですが、冷え性改善に効く方には効くようなので気になる方はチェックしてください。

<冷え症(冷え性)の治療>漢方医学の視点、体のはたらきをよくして、症状を抑えていくことを目的とする漢方治療にとって、まさに熱を作る機能が落ちている冷え症の治療は、得意とするところです。